前へ
次へ

小児医療のかかりかた講座

小児医療は少子化によってどんどん難しくなっています。
小児医療に携わる人たちが減少していること

more

小児医療が受けられる病院

赤ちゃんや幼児は、大人に比べると消化器官も未発達なので、下痢や軟便、嘔吐などをしやすい傾向があります

more

病院に行かずに受けられる小児医療

子どもを病院に連れて行くには問題がたくさんあります。
具合の悪い子どもを連れて電車やバスに乗る

more

小児医療の未来を考えること

少子高齢化は急速に進行している日本において医療問題というのは、大きな社会問題となっていることで目を背けてはいけないことです。
行政も少子化対策に個々で取り組んでいるもののなかなか成果を出すことができないのも、こどもの住みやすい環境を整えることを優先しなくてはいけない案件になります。
小児医療なども含めた考え方を変えていくことが、少子高齢化の状態から脱却する方法でもあり日本のこれからを考えることです。
こどものことを考えると心の健康から身体の健康をより育んでいくために、小児科医の存在意義がますます重要となっています。
しかし専門医師の減少が少しずつ回復している中でも、まだまだ社会的に必要性が高いことからも追いついていないと感じられています。
将来的なことを考えていくと現状の体制に危機感をもっていることは助かりますが、行政や国を挙げての取組みにはまだまだ対策としては足りないといわれています。
早い段階の対応策を作っていくことによって、新しい住みやすい日本を作っていくことができます。

いわき市にあるホームページ制作をしている会社はこちら

安心・安全に引越し
アクティブ感動引越しセンターをお選びください

https://le-reve.info/
店舗の改装・内装工事なら大阪市のル・レーヴ。他社との相見積もり大歓迎!

単純にこどもの数が減っていて小児医療の需要が減少していると感じてしまいますが、こちらがまず誤解していることです。
これからもそうですが、少ないこどもを大切に見ていくことは当たり前ですが、子供にとって専属に診てもらうかかりつけ医は親が必要としています。
こどもを持っている世帯では、小児医療の充実をしている地域に引越しをすることもありますし、行政サ−ビスも充実している地域にも格差が見られます。
広くいえば医療の役割や社会的影響力が、全体的に十分理解されていないというのも医療問題とも捉えられます。
小児医師の不足を補っていくには、まず誤解を解いていくことも必要であり、仕事が厳しいと言われるイメージを払拭することです。
まず小児医師が不足している問題は、目指す学生が増えることで解決する傾向があります。
これは医師を志してどの道に進むとしても小児医療をしっかりとキャリアとして積み上げていく方法としていくことで、特殊な環境の医療を覚えることが将来の医師像を作っていくことができると認識することです。

Page Top