前へ
次へ

小児医療で粉薬をうまく飲めないとき

薬にはいろいろなタイプがあり、比較的多いのが錠剤やカプセルなどでしょう。
沢山の種類があっても迷いにくいですし、味などもないので水などで飲みこむだけで飲めてしまえます。
それ以外にあるのが粉薬や液体の薬です。
どちらも薬によって苦みがあったり甘みを加えてくれたりしますが、飲みやすさの面では液体の薬の方が上になるでしょう。
粉薬は大人でも非常に飲みにくく、わざわざオブラートに包んで飲む人もいるようです。
小児医療を受けるときにも薬を処方されるケースがあり、子供に飲ませるための薬も出されます。
調剤薬局などでも子供への飲ませ方などを教えてくれますが、知らない人は大人同様に粉のまま口の中に入れる人もいます。
すると咳き込んだり吐き出したりして薬が飲めないので、薬の効果が得にくくなります。
小児医療においては粉薬の袋の中に水を入れ、粉っぽい状態を無くした上で飲ませるよう教えることが多いです。
その他医療用のゼリーなどに混ぜて飲ませる方法もあります。

Page Top