前へ
次へ

小児医療で乳児に薬を飲ませるときはいつか

病気を治そうと薬を購入したり病院で処方されたりするでしょう。
良くあるのが一日三回食前や食後に飲んでくださいとあります。
現代においては朝食、昼食、夕食と食事を三回取るのが一般的になっていて、それに合わせて薬の量なども配分されているようです。
食事をとる時間は人によって違うものの、食後などと決めておけば飲み忘れなどを防げます。
では小児医療において食事の時間が決まっていない乳児はいつ薬を飲ませると良いかです。
乳児の食事は母乳やミルクになり、必ずしも大人の食事の時間に合わせて与えるわけではありません。
お腹が空いたと泣くときなどにはそれに合わせてあげることになるので、日々異なる時間に食事をさせることもあるでしょう。
となるといつ薬を飲ませるべきかが分からなくなります。
小児医療においては乳児に対しては食後などではなく固定の時間を決めて飲ませるようにします。
その時に時間が等間隔になるようにすると薬の効果も得やすくなるでしょう。

Page Top