前へ
次へ

小児医療で小児科には何歳までかかるのか

法律においては大人と子供の区別は明確にされていません。
成人と未成年を分けるのが20歳とされていますが、未成年だからすべて子供とするのは少し言い過ぎに感じます。
鉄道などであれば子供は小学校就学時までとしていて、年齢で言えば12歳が子供と大人の境目としています。
では小児医療を受けるために小児科に行くのは何歳までになるかです。
いざ連れて行って周りが小さい子供ばかりだと場違いと感じる可能性があります。
特に明確な決まりはないものの、一般的には中学生まで診てくれるところが多いです。
年齢で言えば15歳までは小児科で小児医療してもらうことができます。
もちろん明確に目に異常があるとか鼻に異常があるなどが分かっているならそれぞれの専門医療を受けた方が良いでしょう。
風邪などの内科の治療であれば小児科でも対応してくれるでしょう。
特に長くその医療機関を利用しているのであれば、15歳ギリギリまでそちらを利用した方が良いかもしれません。

Page Top